産後ダイエットに取り入れた3つのこと

 

1.きっかけ

 

産後、ダイエットしようと思ったきっかけは、産前に12キロ太ってしまったことが一番の要因です。

 

産後は、「母乳育児で痩せる」という噂を聞いたことがあって、自分の中で勝手に痩せるものだと思い込んでいました。

いざ、母乳育児をはじめて、1か月、なかなか体重が落ちない自分に焦りを覚えました。

 

体重計に乗っても、12キロ増から3キロしか減っていなく、結局9キロ増。

もちろん、産前のパンツなんて入るわけがありませんでした。

 

 

2.太る原因

 

2-1異常な食欲

 

「母乳育児」がこんなにもお腹が減るとは思いませんでした。

喉の渇きもひどく、夜中の授乳の後は、おにぎりや菓子パン、ジュースなどを飲んでいました。

これが、体重が落ちない原因に繋がったのかもしれません。

 

2-2早食い

 

赤ちゃんのお世話に追われる毎日。

泣いたら抱っこ&授乳&オムツ替え。

初めての育児で、泣かせないようにと、何かと焦っていました。

トイレはもちろん、食事の時間は、ゆっくり食べるということがまったくできませんでした。

まさに流し食いです。

咀嚼回数は、5回もないかと思われました。

 

 

3.ダイエット作戦

 

3-1周囲の協力

 

赤ちゃんのお世話はつねに自分がしている状態でした。

しかし、これではダイエットなんてもっての他だということに気が付きました。

週末は、羽を伸ばすという意味も込めて、パパやおばあちゃんに我が子を預けて、ヨガやジョギングに出かけました。

ストレス発散にもなるし、一石二鳥でした。

 

3-2食事改善

 

「母乳育児」ということもあって、なるべく和食中心の生活をする見直しをしました。

また、ジュースでなくお茶を。洋菓子でなく和菓子を。

また、なるべく野菜から食べるように心がけました。

 

3-3咀嚼回数を増やす

 

こちらは育児中につき、なかなか難しい点でした。

でも、なるべく咀嚼回数を増やすことを頭において、食事を摂取していました。

胃腸には負担はかからないし、便秘が改善され、さらに満腹感がすぐに訪れるので、良いことばかりが増えました。

 

 

4.まとめ

 

以上、たった3つのことを取り入れる生活で、わずか3か月半ぐらいで元の体重に戻りました。

基礎代謝もすっかりもとに戻ったように思います。

また、プチ運動を取り入れただけで、免疫力もあがったのか、風邪を引かなくなりました。

 

産後、体重を落とすということは、大変かもしれません。

でも、まずは自分の生活習慣を見直し、できることから無理せず取り入れてみてください。

 

 

30代 女性

おすすめのサイト

ココヤセ!部分痩せダイエット
顔・二の腕・お腹・お尻・太ももなどの部分痩せダイエット法を紹介しています。気になる部分を効果的に痩せるために、多数の口コミ体験談をご参考にしながら有効なダイエット方法を実践してみてはいかがでしょうか。

 

赤ちゃん用ウォーターサーバーランキング
赤ちゃんに安全で体に良い水を飲ませたい!と思っているママさんは多いと思います。そんな皆様から選ばれている、安全で、美味しくて、経済的なウォーターサーバーを紹介します。

 

女性の薄毛予防用シャンプー
ホルモンバランスの変化で産後半年頃からの抜け毛にびっくりするママは多いです。特に産後は頭皮がデリケートな上に育児でヘアケアをする余裕もありません。日々使うシャンプーだからこそ、毛髪・頭皮に優しいシャンプーを選びましょう。

 

おすすめ水素水の詳細レビュー
美容やアンチエイジングにおすすめの水素水。数多く商品ある商品からより効果的で自分の好みに合うものを見つけるのは大変です。このサイトでは評判の水素水を厳選し、その詳細とレビューを紹介しています。

 

女性の安全な副業比較
女性の副業を応援!専業主婦や育児中のママでも空いた時間で自宅でお仕事できる副業をご紹介。自分に合った条件から選べて簡単に始められます。まずは興味を持った仕事を比較してみましょう。